3.11震災復興に向けて立ち上がる研究者!=東北大学:研究拠点「耐災害ICTセンター」を着工へ=(後編)

3.11震災復興に向けて立ち上がる研究者!=東北大学:研究拠点「耐災害ICTセンター」を着工へ=(後編)

東日本大震災で被災した東北地域における中核的な大学「東北大学」が、被災からの「復興・地域再生」を目指して、本格的な取り組みを始めた。1年前の2011年3月11日に発生した東日本大震災は、死者1万5854人、行方不明者3167人(計1万9021人)と日本史上最大規模の犠牲者を生んだ(警察庁発表、2012年3月9日現在)。さらには東京電力・福島第一原子力発電所の事故は深刻な放射能汚染を引き起こし、復興をいっそう複雑で困難なものにしている。
このような背景のもとに、大きな被害を受けた東北大学は、自らの復興とともに研究機関として東北地域の復興に向けて、「東北大学災害復興・地域再生重点研究事業構想」を発表。これを具体的に推進する「東北大学災害復興新生研究機構」を創設し、災害に強いネットワーク(ICT)の研究開発に向けて、「東北大学電気通信研究機構」を設立した。また、本年(2012年)4月には復興の拠点として、NICT(情報通信研究機構)の支援をうけて「耐災害ICT研究センター」の建設に着工(予定)するなど急ピッチな展開を行っている。
ここでは、東北大学教授で電気通信研究所 所長(兼)電気通信研究機構 機構長である中沢正隆教授に、震災復興・再生への研究の取り組みとその意気込みをお聞きした。

≪1≫災害復興新生研究機構と7つのプロジェクト

■ 東北大学の「災害復興新生研究機構」とは、具体的には、どのような組織なのでしょうか。

中沢 現在、この機構は、図3に示すように、次の7つのプロジェクトが柱として動いています。

(1)災害科学国際研究推進プロジェクト〔新設:災害科学国際研究所〕
(2)地域医療再構築プロジェクト
(3)環境エネルギープロジェクト
(4)情報通信再構築プロジェクト
(5)東北マリンサイエンスプロジェクト
(6)地域産業復興支援プロジェクト
(7)復興産学連携推進プロジェクト


図3 災害復興新生研究機構と7つのプロジェクト(クリックで拡大)
図3 災害復興新生研究機構と7つのプロジェクト

この7つのプロジェクトのもとになっているのは、大学の各部局からあがってきた復興・再生に向けた約180のテーマを、本部のほうでプロジェクトごとに整理したものです。地域医療、エネルギー、情報通信、それから東北が抱えるマリンサイエンス(海洋科学)、地域の産業復興、産学連携、さらに災害科学国際研究所を創設したいということで、大学本部の委員会によって7つプロジェクトが設立されたのです。それぞれのプロジェクトは、それぞれ自立的な運営を基本としていますが、復興推進のための連携を取りながら運営されています。

このプロジェクト全体は、地域に根ざした社会・くらしの再生を願って、世界をリードする先端科学技術を実現することを目標としています。このうち、私が担当していますのは、(4)の情報通信再構築プロジェクトです。


≪2≫震災に関する情報通信(ICT)の3つの問題点

■ 「情報通信再構築プロジェクト」では、どのようなことが目標となっているのでしょうか。

中沢 図4を見てください。これは、今回の東日本大震災における情報通信(ICT)の問題点を整理したものですが、このように整理してみますと、取り組むべき課題が見えてきます。

図4に示しますように、今回の震災に関する情報通信(ICT)の問題点は、大きく分けて、

(1)通信回線の途絶
(2)情報収集不能
(3)発信情報の不足

の3つに整理されました。


図4 東日本大震災における情報通信(ICT)の問題点の整理(クリックで拡大)
図4 東日本大震災における情報通信(ICT)の問題点の整理

中沢 正隆氏(東北大学教授/電気通信研究所 所長)
中沢 正隆氏
(東北大学教授/電気通信研究所 所長)

それぞれの問題点の具体的内容は、図4の黄色い部分に示します。例えば、(1)の通信回線の途絶では、基幹ネットワークの輻輳や障害から、携帯端末が使えなくなったこと、インターネットが使えなくなったことなどが広域的に発生しました。この結果、情報収集不能が発生する一方、発信側の防災無線の情報が避難中の人々が聞き取れないなど、発信情報の不足が課題となりました。

このような背景から、仙台市では震災復興に向けたビジョンの中で、

(1)安全で安心できる情報通信技術の構築をして欲しい
(2)情報通信技術分野をはじめとする都市防災力を高めるような研究機関と、関連産業の集積をして欲しい

などの要望が、東北大学への期待ということで出されました。


≪3≫東北大学電気通信研究機構の構想と役割

■ 確かに、東京でも携帯電話はまったく使えませんでした。そのため、普段はあまり使用されなくなってきているグリーンの固定の公衆電話機の前には、あちこちで行列ができるほどでした。携帯のワンセグ放送だけは受信できましたが、そのうち電池切れになってしまい、使いものならなくなってしまいました。被災地はもっと深刻だったのでしょうね。

中沢 おっしゃる通りです。そこで、宮城県や仙台市からのそのような要請なども含めて、東北大学の電気情報系が、技術的にどのように取り組んでいくかが、大変重要な課題となってきました。このため、図5に示すような、「東北大学電気通信研究機構」を、2011年10月1日に、新たに創設しました。この、電気通信研究機構は、

(1)電気通信研究所
(2)工学研究科の電気情報系
(3)情報科学研究科の電気情報系
(4)医学工学研究科の電気情報系

の4つの電気情報系(ここに所属する研究室は計約80ある)に所属する、約40名の教授・准教授で構成されています。


図5 東北大学電気通信研究機構の発足(クリックで拡大)
図5 東北大学電気通信研究機構の発足

■ この機構が、復興再生に向けた情報通信(ICT)分野における中核部隊なのですね。

中沢 おっしゃる通りです。今回の震災からの復興再生は、総合力を結集してネットワークを安全・安心なものにしていくことが最重要課題です。ですから、今までのような1つの研究室でやっていたようなものではなく、災害に強い(耐災害性)ネットワークをつくり上げていくことを目標に、この研究機構の重要な課題として全力を挙げて取り組んでいきたいと思っています。


≪4≫今後の具体的な研究開発の取り組みとそのロードマップ

■ 実際の研究開発が本格化するのは、これからだと思いますが、今後の具体的な研究開発はどのように展開されていくのでしょうか。

中沢 正隆氏(東北大学教授/電気通信研究所 所長)
中沢 正隆氏
(東北大学教授/電気通信研究所 所長)

中沢 図6をご覧になってください。中央の緑のところが電気通信研究機構として、いろいろなプロジェクトを産学官連携で進めていこうとしていることを示しています。右側のブルーの部分は、学内の構成員を示しますが、ここに電気通信研究機構の教授、准教授、助教あるは技術者などが入ります。左側の学外の企業、公的研究機関、地方自治体、他大学等の構成員にもこの機構に参加いただいて、一緒に研究開発を行っていきます。

研究開発の流れとしては、図6の下部に示すように、2011年をスタートとして、大きく、

【第1期】:2011年~2016年
【第2期】:2016年~2021年
【第3期】:2021~

のロードマップとしています。


図6 東北大学 電気通信研究機構の組織と研究開発の流れ(クリックで拡大)
図6 東北大学 電気通信研究機構の組織と研究開発の流れ

■ 5年後の2016年がひとつの節目になっているということですね。

中沢 はい。そのように考えています。このような活動を展開しながら、電気通信研究機構としては、情報通信再構築プロジェクトの全体像を図7に示すように描いています。具体的には、震災復興に向けて、東北地域の自治体や大学と連携しながらICTによる被災地の創造的復興を目指しながら、NICTやAIST(産業技術総合研究所)などの独立行政法人の研究所や通信機器関連企業、通信事業者、放送事業者や大学など、産学官の強い連系によって、オールジャパン体制を築いていきたいと考えています。さらに、欧州や米国、アジアの各研究機関とも連携して、災害に強い情報通信インフラの開発および実証の世界的拠点となるよう展開していきたいと思っています。


図7 情報通信再構築プロジェクトの全体像(クリックで拡大)
図7 情報通信再構築プロジェクトの全体像

このような、展望のなかで、今回、日本の情報通信の中核であるNICTが、当大学に「耐災害ICT研究センター」を設置(前編参照)する等、本格的にご協力いただけるということで、こんなにうれしく心強いことはありません。今までお話ししてきた震災復興への取り組みとともに情報通信分野などで新産業を創出させ、地域の興隆に貢献していきたいと思っています。

■ 本日はご多忙のところありがとうございました。

(終わり)


バックナンバー

3.11震災復興に向けて立ち上がる研究者!
=東北大学:研究拠点「耐災害ICTセンター」を着工へ=(前編)

http://wbb.forum.impressrd.jp/feature/20120321/868

3.11震災復興に向けて立ち上がる研究者!
=東北大学:研究拠点「耐災害ICTセンター」を着工へ=(後編)

http://wbb.forum.impressrd.jp/feature/20120409/872


プロフィール

中沢正隆(東北大学 教授/電気通信研究所 所長/電気通信研究機構 機構長/国立大学附置研究所・センター長会議会長)

中沢正隆(なかざわまさたか)氏

現職:
東北大学 教授/電気通信研究所 所長/電気通信研究機構 機構長/国立大学附置研究所・センター長会議会長

【略歴】
1980年、東京工業大学大学院博士課程了。工学博士。同年日本電信電話公社(現NTT)電気通信研究所入社。1984年〜1985年、MIT客員研究員。2001年から東北大学・電気通信研究所・教授。光ファイバ中の非線形光学効果、ソリトン通信、EDFA、コヒーレント伝送に関する研究に従事。IEEE、OSA、電子情報学会フェロー、応用物理学会フェロー。2005年度情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ会長。2010年、電気通信研究所所長。2011年、国立大学・附置研究所・センター長会議議長。


関連書籍

Wi-Fiネットワーク最新技術動向2012

好評発売中!
Wi-Fiネットワーク最新技術動向2012
http://r.impressrd.jp/iil/WiFi-Network2012

岸田 重行、迫田 和之、古川 浩 [著]
ページ数:266P
サイズ・判型:A4判
価格:CD(PDF)版 89,250円(税込)
   CD(PDF)+冊子版 99,750円(税込)

〔本書の特徴〕
本書は、これまで通信範囲が限定されていた屋内網(LAN)からより広い広域網(WAN)へと脱皮しはじめた、柔軟なWi-Fiネットワークの最新動向を集大成した一冊となっています。


スマートハウス&スマートグリッド用語事典

好評発売中!
スマートハウス&スマートグリッド用語事典
http://www.impressjapan.jp/books/3150/

インターネットメディア総合研究所 [編]
株式会社インプレスジャパン [発行]
ISBN :978-4-8443-3150-6
ページ数:304P
サイズ・判型:A5判
価格 :3,360円(本体3,200円+税)

〔本書の特徴〕
スマートハウス&スマートグリッドへの新ビジネス参入者は必携! 基本重要用語を網羅!
本書は、すでに、私たちの身の回りで次々に登場している、スマートハウスやスマートグリッドに関連する用語について、重要な用語を整理してまとめたものです。内容は大きく3部構成で、第1部では、スマートグリッドやスマートコミュニティ、スマートハウスなどを中心に、用語の全体像と基礎について、初心者にも理解できるよう、図表を用いてわかりやすく解説しています。続く第2部は、重要な用語について、アルファベットと五十音順で掲載しています。再生可能エネルギーやICT、家電、自動車、住宅関連分野、および関連標準化機関などの用語も網羅しています。最後の第3部には、スマートグリッド関連サイトを内容別に整理して掲載しています。新ビジネスへの参入を目指す方々に、必携の書です。


スマートハウスとHEMS/BEMS/CEMS最新技術動向2012

好評発売中!
スマートハウスとHEMS/BEMS/CEMS最新技術動向2012
http://r.impressrd.jp/iil/SmartHouse2012

インターネットメディア総合研究所 [編]
ページ数:266P
サイズ・判型:A4判
価格:CD(PDF)版 89,250円(税込)
   CD(PDF)+冊子版 99,750円(税込)

〔本書の特徴〕
現在、スマートグリッドは、準備段階の実証実験のレベルから実用化のレベルへと移行しはじめています。このような背景から発行される本書は、スマートグリッドの国際的な最新動向をとらえながら、スマートグリッドの心臓部である「EMS」(エネルギー管理システム)に焦点を当て、徹底的に解説しています。
具体的には、スマートハウス、スマートビル、スマートコミュニティの中核的な技術となる、「HEMS」(宅内エネルギー管理システム)、「BEMS」(ビルエネルギー管理システム)、「CEMS」(地域エネルギー管理システム)など、エネルギー管理システム(EMS)の全体像と、それらを実現するための「ネットワーク技術」「通信プロトコル」「プラットフォーム」「ミドルウェア」「半導体」などの要素技術を実用化の視点から解説し、その製品動向を多角的にとらえた内容になっています。
なかでも、これらのEMSを構築するうえで、とくに、現在注目され普及期を迎えているプラットフォームソフトウェア「OSGi」や「TR-069」(機器管理プロトコル)、さらに標準化の大詰めを迎えている「SEP 2」(電力消費量の測定や表示、デマンドレスポンスなどを行うアプリケーションプロトコル)に注目して解説していますスマートグリッドについては、米国のオバマ大統領が、「次のARPANET(インターネット)である」と演説し注目されましたが、インターネット以上の産業的な広がりをもって進展しています。このため、電力関連企業やICT関連企業だけでなく、建築から家電、自動車、ガスに至るまで、新しいビジネスチャンスを目指して、あらゆる産業からの新規参入が相次いでいます。本書は、それらの新規参入を目指している皆様のための必読の一冊です。


スマートグリッド向け新プロトコル「IEEE 1888」の全容と省エネ戦略2011

好評発売中!
スマートグリッド向け新プロトコル「IEEE 1888」の全容と省エネ戦略2011
http://r.impressrd.jp/iil/GUTP2011

執筆者:江崎浩、落合秀也
ページ数:324P
サイズ・判型:A4判
価格:CD(PDF)版 89,250円(税込)
   CD(PDF)+冊子版 99,750円(税込)

〔本書の特徴〕
東日本大震災は、深刻な電力・エネルギー危機を引き起こし、日本における企業・産業・社会活動に対して、これまでとはまったく異なる次元から、BCP(Business Continuity Plan、事業継続計画)を確立する必要性があることをつきつけた。
こうした背景のもとに、東大グリーンICTプロジェクト(GUTP)では、新しく標準化されたスマートグリッド向けの標準プロトコル「IEEE 1888プロトコル」を用いた世界初のマルチベンダシステムを工学部2号館に構築した。それを構成する機器の相互接続試験も成功し、全学的な展開が開始されている。すでに、電力消費が年間最大となる2011年7月には、対前年同月比の30%の電力削減に成功し、今後の展開が国の内外から大きな注目を集めている。
本書は、電力・エネルギー危機に挑む、スマートグリッド組織「東大グリーンICTプロジェクト」の「IEEE 1888」システムを活用した節電対策の具体例を見ながら、新しいキャンパスやビルの方向性を示しつつビジネスの可能性と展開を解説していく。


インプレス標準教科書シリーズ スマートグリッド教科書

好評発売中!
インプレス標準教科書シリーズ スマートグリッド教科書
http://www.impressjapan.jp/books/2981

監修者:合田 忠弘(九州大学大学院)、
    諸住 哲(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)
ページ数:384P
サイズ・判型:B5判
定価:[本体4,700円+税]

〔本書の特徴〕
今、電力網と情報通信網を統合した「次世代電力網」すなわち「スマートグリッド」が国際的に大きく注目され、さまざまな国でその取り組みが開始されています。
私たちを取り巻く社会環境は、現在、地球温暖化問題やエネルギー枯渇問題、経済危機など、人類史上まれにみる深刻な危機に直面していますが、これらを解決する救世主として登場したのが、「スマートグリッド」です。
このスマートグリッドは、大きく3つの可能性をもっています。
1つは、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーを利用することによって、「電気エネルギーの面」から今後、クリーンなエネルギーを持続的に供給することが可能になることです。2つ目は、情報通信技術を活用することによって、「送配電網の運用の面」から効率的で信頼性の高い電力の供給が可能となることです。3つ目は、家庭やオフィスなどの需要家側においては、電気エネルギーの使い方をスマートにすることによって省エネルギー化を可能とするなど、「消費の面」からも新しい局面を拓くことが可能になることです。
本書は、スマートグリッド関係の分野において、国際的な標準化活動や最前線で研究開発やビジネスを展開されている執筆陣によって刊行され、スマートグリッドの全体像を集大成した内容になっています。このため、電力業界はもとより、情報通信業界をはじめ、家電業界、自動車業界に至るまで、スマートグリッドに携わる幅広い方々が、次世代のビジネス戦略を考えるうえで、大いに参考になる必読の一冊となっています。


世界のマイクログリッドと再生可能エネルギー2011

好評発売中!
世界のマイクログリッドと再生可能エネルギー2011
http://r.impressrd.jp/iil/Microgrid2011

執筆者:新井 宏征
ページ数:206P
サイズ・判型:A4判
価格:CD(PDF)版 89,250円(税込)
   CD(PDF)+冊子版 99,750円(税込)

〔本書の特徴〕
東北地方を中心に、日本の歴史上、最大級の被害を与えた東日本大震災(2011年3月11日発生)は、東京電力管内の福島第一原子力発電所をも直撃しました。近年では経験することのなかった電力危機に直面し、従来の大規模な発電の仕組みに頼らない発電方法に、今、注目が集まっています。
本書では、近年のスマートグリッドの取り組みの高まりや、震災後のエネルギー計画の見直しなどの背景を踏まえたうえで、マイクログリッドを構成する技術やそのビジネス動向、さらに活発化する世界のマイクログリッドプロジェクトの動向などを解説しています。


標準化/特許/知的財産戦略2011

好評発売中!
標準化/特許/知的財産戦略2011
http://r.impressrd.jp/iil/IPstrategy2011

執筆者:平松 幸男(大阪工業大学大学院 教授)、 小町 祐史(大阪工業大学 教授)
ページ数:138P
サイズ・判型:A4判
価格:CD(PDF)版 89,250円(税込)
   CD(PDF)+冊子版 99,750円(税込)

〔本書の特徴〕
国際的に、標準化/特許/知的財産が、国や企業、大学などの今後の展開に大きな影響を与えるキーワードとして注目を集めています。そのようななか、特許を収益につなげる知的財産戦略が浮上しています。
そこで本書では、標準化と特許の歴史から振り返り、それが時代とともにどのように変遷してきたかを見ることによって、私たちが置かれた現状に対する理解を進めたうえで、「IT」「エレクトロニクス」「通信」「エネルギー環境」等の産業技術分野において標準化が今後、企業にとってどのような意義をもつのかを考えます。
また、標準化の場にはどのようなものがあるのか、諸外国は標準化にどのようにとり組んでいるのか、さらに特許をはじめとする知的財産と標準化の関係は何か、政府と大学の役割は何かなどを考えたうえで、日本企業が今後どのように標準化にとり組むべきかについて考えます。


スマートハウス構築のためのホームネットワーク技術2011

好評発売中!
スマートグリッドシリーズ第6弾
スマートハウス構築のためのホームネットワーク技術2011
http://r.impressrd.jp/iil/HomeNetwork2011

執筆者:丹 康雄(北陸先端科学技術大学院大学 教授)
ページ数:232P
サイズ・判型:A4判
価格:CD(PDF)版 89,250円(税込)
   CD(PDF)+冊子版 99,750円(税込)

〔本書の特徴〕
スマートグリッド/スマートハウス時代に、ホームネットワークが急速に注目を集め、新しい標準が次々に登場しています。ホームネットワークはアプリケーション分野の面、技術要素の面のどの観点から見ても多数の要素が互いに関連する複合型のシステムとなっています。そのため、特定の技術が開発されれば一気に実現できるようなシステムではありません。それぞれの部分にあった適切な技術を組み合わせ、全体としては一般ユーザーが運用していける使いやすいシステムを構築する必要があるのです。
特に、スマートグリッドとしての制御系の波は、これまでのホームネットワークのシステムに、無線やPLC(電力線通信)などの通信技術の進展がみられたのに加えて、家庭内に創エネ、蓄エネの機器が出現し、重要なものになってきています。
さらに2011年3月11日に起きた災害は、人々の意識や社会的ニーズを一変させ、それまではコスト面などで敬遠されてきた再生可能エネルギーおよび分散電源の活用や、快適さを失うおそれから取り組みが足踏みしていた消費エネルギー抑制諸技術の実現に、改めて研究開発の方向性が向かいつつあります。
本書は、現時点の最新技術の羅列ではなく、過去からの技術の蓄積に基づき、スマートハウスを実現するために必要となるホームネットワークの一連の技術について述べたものになっています。


グリーン半導体技術の最新動向と新ビジネス2011

好評発売中!
スマートグリッドシリーズ第5弾
グリーン半導体技術の最新動向と新ビジネス2011
[太陽電池/LEDテレビから電気自動車までの新戦略を解明]

http://r.impressrd.jp/iil/GreenSemicon2011

執筆者:津田建二(国際技術ジャーナリスト)
ページ数:150P
サイズ・判型:A4判
価格:CD(PDF)版 89,250円(税込)
   CD(PDF)+冊子版 99,750円(税込)

〔本書の特徴〕
半導体は今や、ハード指向からソフトウェアをのせる時代に進化しています。人間の知恵を埋め込んだ新しい半導体が次々と生まれ、スマートフォンやタブレットPCをはじめ、新しい電子機器が生まれてきています。私たち人類の知恵を実現してくれるのが半導体であるからこそ、将来に向けてCO2を削減し、青い地球を維持するために欠かせない環境技術を開発し継続していくことと、半導体技術は一体なのです。
本書は、半導体を使ってグリーン化が進み、今後の推進可能な分野を、調査データと技術解説の両方から解説しています。
半導体産業を通してスマートグリッド関連ビジネスを推進している企業だけでなく、新しい家電機器をはじめ、電気自動車やスマートハウス関連の新ビジネスを推進する企業の、今後の戦略的な参考資料としての一冊となっています。


世界のスマートグリッド政策と標準化動向2011

好評発売中!
スマートグリッドシリーズ第4弾
世界のスマートグリッド政策と標準化動向2011
[実用期に入ったNIST/IEC/IETF/IEEEの全仕様とサイバーセキュリティ]

http://r.impressrd.jp/iil/SmartGrid2011

執筆者:新井宏征/名和利男/湧川隆次
ページ数:328P
サイズ・判型:A4判
価格:CD(PDF)版 85,000円(税抜)
   CD(PDF)+冊子版 95,000円(税抜)

〔本書の特徴〕
スマートグリッド(次世代電力網)は、2010年1月にNIST(米国国立標準技術研究所)が「スマートグリッド標準仕様 第1版」を発表して以来、急速に世界的な取り組みが活発になってきた。本書は、具体化してきたNISTやIEC、IETF、IEEEなどの標準仕様や世界各国の政策、参入プレイヤーの動向など、最新動向を網羅する。
まず標準化動向については、2010年まではNIST中心に見えていたスマートグリッドを、欧州のIEC(International Electrotechnical Commission、国際電気標準会議)における取り組みについても広く取り上げてまとめている。さらに、個々の標準化のフレームワークのなかの具体的な技術仕様である、IETFやIEEEの最新動向についても整理している。
また各国の事情によって異なるスマートグリッド政策とビジネス動向については、国内をはじめ、米国、欧州、アジア諸国について最新動向と今後のロードマップについてまとめている。特に中国と韓国を中心としたアジア諸国で急速に推進されているスマートグリッド政策については、新しい動きとして注目できる。
さらにスマートハウスやスマートシティにおいて、ネットワーク経由で収集される家庭や企業の個々の電力情報に関するセキュリティ対策も重要視され、いくつかの国で、スマートグリッドのサイバーセキュリティに関する先進的な施策が推進されている。本書では、スマートメーターやスマートハウスにおいて想定されるサイバーセキュリティ対策についても、その脅威について触れながら解説している。
本書の最後には、最新のスマートグリッドの用語集も付け、読者がより理解できるように工夫されている。


日米欧のスマートメーターとAMI・HEMS最新動向2011

好評発売中!
スマートグリッドシリーズ第3弾
日米欧のスマートメーターとAMI・HEMS最新動向2011
http://r.impressrd.jp/iil/SmartMeter2011

執筆者:新井宏征(株式会社情報通信総合研究所)
ページ数:172P
サイズ・判型:A4判
価格:CD(PDF)版 85,000円(税抜)
   CD(PDF)+冊子版 95,000円(税抜)

〔本書の特徴〕
本書は、第1弾のスマートグリッド、第2弾のスマートハウスに続いてく、「スマートグリッドシリーズ」の第3弾である。本書は、現時点におけるスマートグリッドビジネスの本丸とも言えるスマートメーターをテーマとして、関連するさまざまなトピックを取り上げている。電力量計の歴史をひもときながら、スマートメーターの登場までをたどり、スマートメーターの仕組みや、スマートメーターと密接に関連する重要な要素であるAMI(高度メータ―基盤)やHEMS(宅内エネルギー管理システム)について解説をしている。
わかりやすく整理した「スマートメーター・AMI・HEMS関連用語集」付き。


日米欧のスマートハウスと標準プロトコル2010

好評発売中!
スマートグリッドシリーズ第2弾
日米欧のスマートハウスと標準プロトコル2010
[Smart Energy Profile 2.0によるスマートグリッドの新展開]

http://r.impressrd.jp/iil/SmartHouse2010

執筆者:
新井宏征(情報通信総合研究所)、 水城官和・林為義(Wireless Glue Networks)
ページ数:174P
サイズ・判型:A4判
価格:CD(PDF)版 85,000円(税抜)
   CD(PDF)+冊子版 95,000円(税抜)

〔本書の特徴〕
スマートハウスを実現するための技術動向とSmart Energy Profile 2.0に関する初めての解説書スマートハウスは、近年、地球温暖化対策などの観点から、国際的にその必要性が注目されている。スマートハウスとは、ICT(情報通信技術)を活用して、住宅を取り巻くさまざまなアプリケーションを統合的に制御する取り組みであり、「省エネ」(エネルギー消費の削減)「創エネ」(再生可能エネルギーなどによるエネルギー生成)「蓄エネ」(蓄電池や電気自動車のバッテリーなどを利用したエネルギー貯蔵)が期待されている。米国では、すでにスマートメーターの設置やホーム内での監視制御機器に関しての標準化が活発になっており、日本でも国内版のスマートハウスに関連する動向が注目されている。
本書では、先行する米国のホームエリアネットワーク(HAN)技術を中心に、最新のアプリケーション「Smart Energy Profile 2.0」について全体像を解説している。さらに、スマート ハウスを構成する「スマートメーター」「HEMS」(ホームエネルギー管理システム)」「エネルギー端末」について整理してまとめ、続いてスマートハウスに関連する実証実験プロジェクトやビジネス動向についても触れている。